審査キャッシングを早くするために申し込み者ができること

銀行カードローンや消費者金融に借り入れの申し込みをしたら、審査キャッシングがスタートします。審査に無事通過して、融資を受けられる金額の上限に合意できたら、正式に契約書を交わして借り入れができるようになります。現状では30分が最短の待ち時間のようですが、最短30分をうたっている金融機関でも、場合によってはもっと時間がかかる可能性があります。その可能性を回避して少しでも早く融資を受けるために、申し込み者側にはどんなことができるでしょう。

 

申し込む前に他の人が手続きを始めていれば、そちらから順番に審査キャッシングが進められていきます。混雑が予想される曜日やタイミングを避ければ、最短30分の即日借入ができやすくなります。月末の給料日前や土日祝日は、申し込み者がとても多くなりますので、その時期を避けて手続きをされることをおすすめします。無人契約機を利用される場合、金曜の晩などにあらかじめスマホや携帯電話、パソコンでネットのホームページから申し込みだけでもすませておきましょう。そうすれば、無人契約機に到着してから行わなければならない作業を少なくできます。

 

消費者金融や銀行カードローン会社によって細かい決まりは異なりますが、借り入れ希望金額が100万円を上回る場合、運転免許証などの身分証明書の他に、収入証明書や直近の給与明細書、源泉徴収票などの提示を求められることが多くあります。せっかく無人契約機までを運んだのに、身分証明書を忘れてきていたり、収入証明書などを準備しなければいけなくなるとその分ロスが生まれてしまいます。必要書類はあらかじめホームページなどでチェックし、忘れないように持参してください。

 

インターネットからのやり取りだけで申し込み手続きができ、即日の融資を土日祝日でも受けられるところもあります。身分証明書などの提示をどのようにするかというと、スマホのカメラで撮影をして送信するのです。撮影した画像は、氏名や住所などの重要な項目がしっかり写っていなければ、再提出になってその分時間がかかってしまいます。文字などがキレイに撮れているか確認し、鮮明に写るまでやり直してから送信した方が、その後のやり取りがスムーズに進められます。


このページの先頭へ戻る