銀行借りれない 工面

 

 

銀行で借りられないお金を工面するなら消費者金融に目を向けてみよう

銀行の審査に通らなくお金を工面できなく困った場合は、消費者金融の検討を考えてみませんか。
消費者金融のご利用をされた事が無い方には、消費者金融のご利用というのは尻込みしてしまうかもしれません。
銀行と消費者金融との違いや借入のポイント等、詳しくご紹介していきます。

 

該当する法律の違い

銀行カードローンは銀行法が適用され、消費者金融は貸金業法が適用されます。
この2つの金融機関は該当する法律に違いがありますので、どちらも融資が可能なのですが融資に伴い該当する法律に違いがあります。
大きく違うのは、貸金業法には総量規制が該当する事です。
総量規制は高額な借入れを制限する法律であり、ご利用される方の年収の3分の1までしか借入が出来ないシステムとなっております。
逆に、銀行法は総量規制は該当しませんので、借入金額に制限はございません。

 

金利は銀行の方が低いが消費者金融は審査の間口が広い

銀行は金利が低いのが最大のメリットとなりますが、金利が低い分審査の間口が狭いのが現状です。

 

銀行の金利の低さ

銀行の場合融資以外に預金や積み立て等の様々な商品がありますので、融資以外の商品で企業としての生計をなりたてております。
その為、融資の金利が低くても他の利益で充分にまかなう事が出来ます。

 

消費者金融の金利の高さ

一方消費者金融は銀行と比べて金利が高いのですが、その分審査の間口が広いのが大きな特徴です。
消費者金融は融資のみの商品で営業している場合が大半であり、融資の利息にて生計を立てている企業です。
企業の収入は利息だけですので、高い利息を多くの方から徴収しないと企業として成り立ちません。
その為、高い金利で間口を広くし、多くの方にご利用してもらう事で多くの利益を生むという流れとなります。

 

審査のスピードは消費者金融の方が早い

審査スピードの早さは、消費者金融の方が素早いです。

 

銀行は返済能力が高い方にしか融資しない為審査が厳しい

銀行は確実に返済出来る方のみに融資を行い、確実に返済が出来る顧客しか求めておりません。
その為、返済能力が高い方にしか審査を通過させないので、細かい審査の中でふり分けを行うため審査に時間がかかってしまいます。
融資を主力商品としていないので、確実に利用してもらえる方としか対応しないのです。
細かい審査内容で満点からの減点方式で審査をしていくので、低いスコアリングとしかなりません。
1週間〜長い場合は1か月以上、審査に時間がかかってしまう場合があります。

 

消費者金融は審査の項目が少ない

一方消費者金融は高い金利でより多くの顧客をゲットする事で収入が上がるので、細かい審査はしない為審査の時間が短く済みます。
0点からの加点方式での審査となりますので、自ずと点数が積み上がっていやすい審査となりスコアリングが高くなる傾向があります。
審査項目が少ないので、場合によっては即日融資も可能となります。
即日融資とならない場合でも、3〜4日で融資を受ける事が出来るスピーディーさです。

 

安心感は銀行に軍配

安心感を考えると、もちろん銀行に軍配が上がります。
消費者金融はTVドラマの金融業のイメージが抜け切れず、怖い所というイメージが強いようです。
少し前のアイフルや武富士でよろしくない問題があったイメージも強く、闇金も多く存在しているので怖い企業というイメージは抜け切れていないのが現状です。
しかし、近年の消費者金融はスタッフさんの教育がきちんと行き届いているので、丁寧でお客様の立場になって考えてくれる消費者金融が大変多くなっております。
銀行は堅い対応が多いので、人当たりと快適さは消費者金融の方が良いと思われる方も多い程です。

 

無利息期間があるのは消費者金融だけ

融資の無利息期間があるのは、消費者金融のみです。
消費者金融は、30日間の無利息期間など利息0円でご利用出来る消費者金融が数多くございます。
その為、無利息期間に該当するように消費者金融をご利用されている方も多くございます。
無利息期間を便利にご利用すれば、銀行の利息よりお安くご利用する事も可能となります。

 

銀行の傘下になっている消費者金融もある

最近の消費者金融は、銀行の傘下となっている消費者金融が多い事ご存じでしたか。
例えば、これらが挙げられます。

 

プロミス

三井住友フィナンシャルグループであり、三井住友銀行の傘下となっている消費者金融です。

 

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループであり、三菱UFJ銀行の傘下となっている消費者金融です。

 

レイク

新生銀行グループであり、新生銀行の傘下となっている消費者金融です。

 

このように、有名大手消費者金融は実は銀行の傘下となっている場合が多くございます。
何故銀行傘下の大手消費者金融があるのか、それはこのような理由からとなります。

  • 消費者金融側の事業資金増資の為の第三者割当増資
  • 過払い請求の際の貸したおしの費用を銀行側に補填してもらう為
  • 銀行傘下となる事で企業のイメージアップとする為
  • 大手消費者金融から銀行側が貸したおしした際のノウハウを得るため

大手銀行の傘下に入る事は消費者金融側だけが得をしているイメージにも思えますが、実は消費者金融側と銀行側双方にメリットがございます。
特に銀行側には融資の対する知識が乏しいので、消費者金融側から学びたいという姿勢も多くあったようです。

いかがでしたでしょうか。
銀行よりも消費者金融の方が審査の間口が広いので、銀行の審査に通らなかった方でも消費者金融の審査には通る可能性が高くなります。
昔のようなグレーな消費者金融は少ないので、気兼ねなくご利用が可能となります。
一番のおすすめは、TVCMなどでもお馴染みの大手消費者金融です。
特にアコムは審査通過率が大手消費者金融の中で1番高いので、オススメの消費者金融となります。
また、プロミスも大手の中では一番金利が低いので、オススメです。

銀行借りれない 工面記事一覧

女性が銀行から借入れが出来なくどこかでお金を工面したい場合は、レディースキャシッシングがオススメとなります。レディースキャシングは女性がご利用しやすい特徴を持っており、初めて消費者金融をご利用される女性でも快適にご利用する事が可能となります。レディースキャッシングがオススメな理由や、オススメ商品を詳しくご紹介致します。女性のキャッシングは年々増えてきているキャッシングをされる方は、男性が大半でした...
一般的な銀行でお金を借りる事が出来ない場合は、インターネットで運営している銀行のご利用がオススメとなります。インターネットで運営している銀行は近年非常に増え、キャッシングに対し柔軟な傾向がございます。インターネットの銀行がオススメの理由を、ご紹介致します。一般的な銀行とインターネット銀行との違いどちらも名称は銀行ですが、インターネット銀行は店舗を所有しない代わりに低い金利と柔軟な審査により多くの顧...
生活福祉資金貸付制度とは、厚生労働省が低所得者や高齢者を対象に、経済的に生活を支えていく為に貸付してくれる制度です。銀行の審査に落ちた場合は、こちらの貸付制度もご利用してみてはどうでしょうか。生活福祉資金貸付制度について、詳しくご紹介致します。生活福祉資金貸付制度とは生活福祉資金貸付制度とは、厚生労働省で行っている低所得者や高齢者、障がい者の生活を経済的に支える事を目的とした、貸付制度です。全国の...
銀行の審査に落ちてしまった方でも、まだ消費者金融のご利用が期待できます。中でも、大手消費者金融であれば安心してご利用出来ます。大手消費者金融がオススメな理由を、詳しくご紹介致します。大手消費者金融は銀行並みの安心感がある銀行の審査に通らなかった場合は、他の銀行も審査に通るには難しくなってしまう場合が考えられます。急いでお金が必要な場合は、あれこれ審査を受けてばかりもいられませんので、確実に融資を受...

このページの先頭へ戻る