即日審査 キャッシング


即日審査キャッシングの関連記事
  1. 即日キャッシングを受けるためには
  2. 即日キャッシングができない?
  3. 銀行カードローンで確実に即日キャッシング
  4. 契約機の存在は大きい、それはカードが受け取れるから
  5. カードローン申込の前に

 

 

即日キャッシングを受けるためには

現在、銀行系カードローン、消費者金融などは即日キャッシングが主流です。
確実に今日お金を手にしたい方に、耳寄りな情報をお届けします。

 

即日審査キャッシングに必要なもの

スマホかパソコン

これは必須です。
インターネット契約をするのが即日キャッシングでは常識。
キャッシングをしたい銀行カードローンか消費者金融の公式ホームページにアクセスをして、申込みフォームに必要事項の入力します。
最初に簡易審査がありますから、それがOKなら先に進めます。

身分証明書などの本人確認書類

運転免許証、パスポート、社会健康保険証、顔写真付きの社員証などです。
50万円以上の借入希望の方は、所得証明書(消費者金融のみ)。
以上のものを手にして、申込をします。

 

審査結果が電話かメールで知らせてくれます。

  • もし借りられるのであれば、無人契約機や自動契約機のある金融機関なら、そこまで移動をします。そこの申込画面でカード発行と契約手続きをします
  • 無人契約機や自動契約機がないのなら、そのまま指定銀行に振込先口座の登録をします。

 

借入まで約1時間の早業です。
銀行でも消費者金融でも、審査そのものにかかるのは最短1時間もかからないことがありますので、確実に即日キャッシングができます。
ただし、銀行振込の場合は、14時くらいまでに手続きが終わらないと、振込が翌日になってしまうので、時間は考えて申込をしてください。

 

大切なのは、申込はインターネットで行うことです。
店頭窓口での来店契約も同じことを店内で行います。
カード発行までの時間、申込方法は同じです。
銀行カードローンも、最近は行内にローン申込機やテレビ窓口が設置してあります。
こちらも消費者金融の自動契約機と同じような使い方ができます。
三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンなどで対応しています。
オリックス銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどは店舗がありませんから、WEB完結申込で、ネット銀行口座に振込、ローン専用カードは後で送られてきます。

 

インターネットの環境が整っていない場合は、携帯電話やFAX契約も即日キャッシングができる場合もあります。
ただし、電話での身分証明書の確認などができないと、融資対応は難しいでしょう。
スピード審査が行えるようになったのは、やはりインターネットがあるからです。
そうでなければ店舗にいくか無人契約機などが確実に即日キャッシングができることになります。

 

条件が整えばということで言えば、“必ず”即日キャッシングをするためには

  • インターネット環境
  • 朝一番の申込
  • 信用情報に金融事故がない

ということも大切なことです。
金融事故に関しては、消費者金融、銀行ごとの審査基準によって違いますが、簡単に合否が出ないとなると、審査に時間がかかるようです。

 

 

 

即日キャッシングができない?

カードローンの申込をしたけれど、即日キャッシングができなかった。
もちろんそんな方もいます。
銀行でも消費者金融でも、こんな方は即日キャッシング難しいです。
信用情報などの審査内容ばかりではなく、申込のときに気をつけたいこと、このような場合、即日キャッシングはNGかもしれません。

 

インターネットができない

最近のキャッシングの申込はたいていインターネット契約が多いです。
スマホやパソコンの入力ができれば、24時間受け付けしてくれます。
正確に即日と言うのであれば、今日の午前2時に申込をして、店舗が営業した時に審査を開始、午後1時にはカード発行と言うように、形の上では即日キャッシングができます。
インターネット申込ができるとできないのでは、大きく条件が変わります。

 

無人契約機、自動契約機、ローン申込機がない

これは、インターネットができない、携帯電話しか持っていない方の条件です。
そばに店舗がなくても、これらの機械があれば、インターネットがなくても契約が可能です。
来店契約をするのにも店舗窓口がなければ出来ません。
電話やFAXの場合、即日キャッシングは難しいです。

 

クレジットカードがない

これは以外なことですが、初めてのキャッシングの場合、個人信用情報機関の報告がゼロであり、審査に時間がかかることがあります。
クレジットカードがあって、何かしら使っていたり完済記録があれば、即信用情報が入手できます。
キャッシングの前にクレジットカードを持っておくことは、即日キャッシングには必要なことのようです。

 

転職したばかり

審査の問題ですが、勤務年数は借り入れ条件に大きく響きます。
特に消費者金融では収入がない方は受付条件にも満たないのですが、転職してすぐの方は、審査に通らないこともあります。
年数で言うと、会社員やパートで最低1年以上、個人事業主の場合2年程度と言われています。
数ヶ月でもキャッシングはできますが、借入限度額が年収に対して低かったり、希望額の借り入れができない場合もあります。
これは安定した収入という点で不安があるからですが、以前の職場よりも年収が上がったなどの条件をアピールできれば良いかもしれません。
来店契約で、直談判する契約方法を考えてみましょう。

 

運転免許証もパスポートもない、保険証は国民健康保険

手続きの中で、本人確認書類があります。
これは写真付きか社会健康保険証が原則です。
しかし、写真がない、国民健康保険証であれば、契約手続きの審査で時間がかかってしまうようです。
事前にどのような書類があれば良いかを確認する必要があります。
WEB完結申込にしたいときでも、何があればスムーズに手続きができるか知っていれば、即日キャッシングには有利です。

 

 

▲メニューに戻る

銀行カードローンで確実に即日キャッシング

即日キャッシングは、銀行系カードローン、消費者金融のホームページでも明記されているとこは多いですが、具体的にどのようにしたら良いかまで記載されているところは案外と少ないです。
そんな中、こうしたら確実に即日キャッシングができるという契約方法がわかる銀行カードローンをご紹介します。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行にはテレビ窓口が存在しています。
ATMの形をしたもので、仕切りがついています。
これは専用の機械ではなく、口座解決などにも使用されているため、カードローンの契約をしているとはバレないです。
契約方法は簡単です。
申込をして、審査に入ります。
審査が通れば契約となり、その場でカードを受け取る事ができます。
そのままATMに行き借り入れができます。
審査ではなく、なんと申込からカード発行まで、最短40分です。
即日キャッシングどころか1時間キャッシングです。

 

また、インターネットがある場合、インターネット契約で申込をして審査結果を電話かメールで受取、テレビ窓口に出かけて行き、カードを受け取ることもできます。
店舗にはいくのですが、店舗窓口ではなくテレビ窓口で全てが終わります。
土日祝日も対応していますから、いつでもキャッシングの用意ができます。
必書類は本人確認書類の運転免許証です。

 

新生銀行カードローンレイク

自動契約機で、申込からカード発行まで一気にいけます。
三菱東京UFJ銀行と同様40分の工程です。
初めての方は、午後9時までに行い、必要書類は、運転免許証、保険証、パスポートのいずれか1点です。

 

銀行系カードローンの場合、所得証明書が必要なのは100万円以上の希望額のときです。
この銀行での即日キャッシングの申込では、最短40分で契約完了も良いのですが、土日祝日対応がメリットです。
それは、土日祝に在籍確認ができること。
会社員といっても、土日祝日に勤務している方も多く、この時にしか在籍確認ができない事情の方もいます。
店舗窓口なども最近は土日祝日に営業しているところもありますが、テレビ窓口、無人契約機は対面なしで契約したい方にはピッタリです。

 

ベストの方法は、自動契約機orインターネット契約ですが、インターネット→自動契約機やテレビ窓口なら、対面無しで確実にカード受け取りができます。
朝早くに行うことをオススメします。
申し込み方法はいろいろあるのですが、ホームページで最速の方法が書かれていると助かります。
インターネットが主流ですが、WEB申込完結ですとカード受け取りがあとになってしまいます。
キャッシングは銀行振込になりますが、すぐに追加でキャッシングをしたいことになると、カードがあったほうが便利な方もいます。
もちろん店頭契約をした場合は、何も心配はないのですが、店舗がない、対面はしたくない方は、上記の方法が最適です。

 

一方、消費者金融なども同じような仕組みで、無人契約機や自動契約機での申込と契約、即日キャッシングができます。
最近では無利息サービスなどもあり一定期間利息なしでキャッシングができることもあります。
なお、審査内容によっては、審査に時間がかかってしまい、即日キャッシングができない場合もありますから、ご注意を。

 

 

 

 

▲メニューに戻る

契約機の存在は大きい、それはカードが受け取れるから

インターネット契約でのカードローンや消費者金融の申込は24時間できます。
それは申込だけであり、店舗の営業時間でなければ審査は行われません。
また、審査後、審査が通ったとしても、その時間が銀行振込に間に合わない時間であれば、すぐにお金を手にすることができません。
カードローンはカードがあれば、ATMで引き出すことができます。
しかし、振込は銀行そのものが営業していなければ、ダメなのです。
あなたは審査に通りました。しかし、融資額の振込はしました。
と言っても、振込手続きが翌日になってしまっては、即日キャッシングとは言えません。
即日審査しか完了していないことになります。

 

では朝早くにネット申込をした場合はどうでしょう?
高い確率で即日キャッシングはできるでしょう。
しかし、金融機関で多忙であったり、在籍確認などで時間がかかると、振込時間に間に合わないことも考えられます。
理想とする時間は、14時で契約完了です。
そして、金融機関は9時に始まるが一般的です。
その5時間しかないと考えると焦ってしまいます。

 

銀行ごとに審査時間は違います。
最近は消費者金融なみに早くなったと言いますが、それでもホームページなどの45分や1時間というのも絶対的なことではありません。
WEB完結申込の思わぬ盲点として、時間との戦いがあったのです。

 

では、確実に即日キャッシングをするにはどうしたら良いのでしょうか?
それは、契約機があるところに申込むことです。
最近は消費者金融だけではなく、銀行でもローン契約機があります。
自動契約機、無人契約機、テレビ窓口などの呼び名がありますが、これを利用することで、その場でカード受け取りが可能になりました。

 

最初はインターネット申込、インターネット契約をします。
そして、審査まで受けるか、途中からローン契約機で契約完了をするのです。
契約機のメリットはカードを受け取れることです。
カードさえあれば、振込時間を一切気にしなくて良く、ATMも使えますし、コンビニが利用できれば24時間対応できます。
消費者金融系カードローン、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、新生銀行カードローンなどの銀行では、それぞれ契約機があり土日祝日にも対応しています。
借入をより着実に、即日キャッシングをするためにも、ローン専用カードの存在は大きいです。
最短1時間程度でカード受け取りが可能です。
もちろん来店契約も確実です。
店頭窓口で全ての契約ができますから、キャッシングをしたい消費者金融の店舗に出向くのもありです。

 

いずれも契約に関しても、運転免許証や保険証など借入申込に必要な条件は下調べしておくことが必要です。
書類の不備で手続きができなかったり、希望借入額が借りられないこともあります。

 

 

 

▲メニューに戻る

カードローン申込の前に

当然のことながら、カードローン申込に必要な書類(申込画面)には、正確な入力を心がけましょう。
この時に注意したいのは、本当の入力(記入)間違えは、故意とみられる場合があります。
すなわち、金融機関が持っている情報と違う内容が多く記入されていればそれだけでキャッシングができない、審査が通らないことになります。
即日キャッシングの場合、ひとつひとつの間違えが致命的になりますから、慎重に手続きを行うようにしてください。
運転免許証や保険証と同じ住所、◯◯番地とか1の3と言うような数字など、細かな部分も同じにしなければなりません。
そして、借入件数などでも、2件と3件では大違いです。

 

振込時間に間に合わない、審査時間がかかってしまう。
自分はブラックリストになっている?という不安も実はこうした間違いであることも少なくありません。
これは故意的ではなく間違えでした言う事ができないです。
金融機関としては、詐欺ではないかと疑いを持つと、本当のブラックリストになってしまう恐れもあります。
今さらですが、本人確認書類と同じ住所にする、生年月日や電話番号、メールアドレスは絶対に間違わないこと、必ず確認をするようにしてください。
また、銀行振込先の口座番号も同様です。

 

即日キャッシングの申込をしたいときにもう一点気をつけたいことがあります。
それは希望借入額です。
例えば10万円と50万円では、10万円の方が審査は通りやすいです。
少なければ少ない方が、返済ができ安心感が大きいため、契約がしやすいです。
どうしても必要なお金が100万円。
そんな時には、金融機関でも慎重な審査になりますが、信用情報に問題がなく、年収も十分にあって、100万円も対して負担にならない方は安心です。
しかし、消費者金融の総量規制限度額に近い場合は、即日キャッシングは難しいです。

 

銀行カードローンなどでは安心の300万円とか500万円とありますが、いきなりその金額を借りられるとは限りません。ちなみに総量規制対象外の銀行であっても、借入条件は年収と比例します。
ですから、少ない年収の方の借入額は当然少ないです。
最高金額の融資対応は、完済記録がある程度ついてからです。

 

ですから、カードローン契約、銀行カードローン・消費者金融どちらもそうですが、少額の申込が有利です。
返済のための金利の確認もしてください。
来店契約の契約方法の場合は、具体的に質問ができますが、インターネット契約やテレビ窓口、無人契約機、自動契約機などのときには、質問は難しいです。
予め金融機関のキャッシングの内容を確認した上で申込をしてください。
当然ながら、消費者金融カードローンより銀行系カードローンの方が金利は低いです。

 

申し込みの前にローン比較、ローン専用カードや店頭窓口の有無、会社の規模、WEB完結申込ができるか、契約機があるかなどは必ず確認した方が良いです。
最短◯◯分審査というのも大切ですが、それよりは具体的なカードローン会社の内容を知ってから申込した方が後悔はないでしょう。

 

▲メニューに戻る


このページの先頭へ戻る